スポンサーリンク

如月アテンションを歌ってみた【ごりた】如月アテンションってどんな曲?(如月モモ)

ごりたが歌ってみた
おはござ!
歌えるゴリラことごりたです。
先日、ごりたの歌ってみた動画第2弾「如月アテンション」を公開しました。
第1弾がピエロと結構しっとりした曲だったので、少し楽しめな曲がいいなと思って選びました。
元々は女性が歌っている曲なので、若干抵抗があったのですが、とても好きな曲だったので歌ってしまいました。
今回は、そんな如月アテンションを歌った動画や曲の解説、なぜこの曲を歌ったのかについて書いていきたいと思います。
スポンサーリンク

ごりたが如月アテンション歌ってみた

まずは先日投稿した歌ってみた動画を聴いてみてください。

ごりた
ごりた

いい曲だ~

とても楽しげな曲ですよね。カゲプロの楽曲にハマっていた時よく聴いていました。
では、ここから曲の解説となぜこの曲を歌ったのかについてご紹介していきます。
スポンサーリンク

如月アテンションってどんな曲?

ごりた
ごりた

カゲプロの曲だよね!

この楽曲はじん(自然の敵P)さんの8作目の作品になります。
メカクシ団に所属する如月モモというキャラクターが主人公の楽曲です。如月モモはひょんなことからアイドルとなってしまった女の子です。生まれつき人の視線を集める能力を持っており、その苦悩がこの楽曲で描かれています。
では、歌詞の内容を書いていきますね。
▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽
仕事が嫌になって私服で抜け出してきたモモ。誰にもバレないようにフードをかぶりながら路地裏を歩く。そんな時風がわっと吹いて、フードが脱げてしまった。
その瞬間、周囲の視線は全て自分へ。
「結局いつも通りの週末になっちゃいそうだ」とため息をついた。ライブはいつも満員。おめでとうって言われるけど、実は心からは喜べてない。
何もしてなくても目立っちゃうから。
昔からずっとそう、体質なんだって。なんで自分だけ。大通りを歩くだけでパニックになっちゃうんだよ?あの時、なんでアイドルになるなんて言っちゃったんだろうって後悔してる。ちょっとステージライトに憧れただけなのに。
私なんか見てもつまんないでしょ?
なんでそんなに見るの?
わかんないよ。
こんなの散々だ、消えたいよ。そんなこと言えずに、静かに涙を流した。
※そんな時、自分と同じような境遇の仲間たちに出会い、接することで徐々に明るさを取り戻した。
でもね、そんなこと言っていても意味がないよね。私を呼んでいる歓声が聞こえる。たくさんの人が私を待っている。そう、私は1人じゃないんだ。そう考えたら胸が軽くなった。
こんなにたくさんの人が私を見てる。これが私の夢見た風景だったんだ。なんだ。答えは目の前にあったんだ。散々な日々なら変えていこう。もう一人じゃない。みんながいる。カッコつけるのはやめにしよう。そうしてステージに踏み出した。
いざステージに立ってみると私への大歓声が聞こえる。あぁ、これならいけそうだ。心臓がはじけだすくらい気持ちがあふれている。
みんなの視線、奪っちゃうよ?
能力は関係なく自分が伝えたい気持ちを詰め込んだ私の「夢」。もう目を離さないよ。明日もスキップしながら進んでいこう!

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

つらい能力を持って生まれた「如月モモ」の葛藤が描かれている楽曲ですね。

実際にこの楽曲を選んだときはここまで歌詞を見ていなかったので、軽い気持ちで歌っていたのですが、実際に歌詞の意味を知って、より気持ちを込めて歌うことができました。

生まれつき持ってしまった能力に悩みながらも前向きに進んでいく姿にはとても感動させられますね。
スポンサーリンク

なぜ如月アテンションを歌ったのか

もともと、明るい曲調が好きでよく聴いていて、歌い手の「りぶ」さんが歌っているのを聴いてドはまりしました。
曲の内容的にも、あまり男性が歌う感じの曲ではないのかななと思っていたので、少し衝撃を受けたというのもありますね。
さらに、前回の歌ってみた楽曲が「ピエロ」で、バラード楽曲だったので、少し明るめな楽曲にしようと思ったのも理由の一つですね。
今回、歌ってみた動画を出すにあたって、ここまで歌詞をしっかり読んだことがなかったんですが、とても深い歌詞でよりこの曲を好きになれました。
スポンサーリンク

これからも応援よろしくお願いします!

ここまで読んでいただきありがとうございました。
これからも新しい歌ってみた動画を出していこうと思いますので、応援してもらえると嬉しいです。
では、また次の記事でお会いしましょう!
Twitterやってます!くだらないつぶやきが多いですが、最新の活動をチェックできますよ!
Twitter

コメント